<--! bodyにTHK Analytics-->

「才能」って何だろう?




みなさんこんにちは、macbanbanです。

ブログで稼ぎたい、ネットで稼ぎたい、そんなことばかり考えている私ですが、実際のところは稼ぐなんて夢のまた夢!

限りなく不可能に近い距離にいるのではないか?と思えるほどとてつもなく距離は遠く、壁は高い!





「どうしたらネットで稼げるようになるんだろう?」考えながら、行き着いたところは「才能」というところですが、自分の中でそれは腑に落ちなくて、考え込んでしまった。


本当に一部の才能のある人しか稼げないのか?

ブログを書いていると、なかなか稼げない、全く稼げない自分に腹が立ってくることがよくあります。

これはなぜかというと、「俺なら稼げるぜ!」なんて自分を過大評価してるからなんだと思います。





「周りができてるんだから、俺でもできるはず。俺ができないはずがない!」などとおこがましく考えてるのだろうと思います。

稼げない理由は色々あると思いますが、要は「需要がない(面白くない)」か「知られてない」かのどちらかで、私の場合はその両方だと結論づけられます。





「需要がなくて(面白くなくて)、知られてない」ブログが稼げるわけがない!





今ネットで稼いでる人も多少の違いはあれど、私と同じような道を辿ってきたはず。

でも私と違うのは、どうしたらいいかをもっと深く考えて実践し、失敗したらまた分析してトライアンドエラーを根気強く続けて成功策を見つけたことだと思います。





私はトライはしてますが、エラーをきちんと分析できてなく、そこから新たなトライにまで繋がられていない。

そこが一番大きな違いでしょう!


「才能」とは何か?

私たちは大体何でも「才能」という言葉で片付けがちな気がします。

「あの人がプロサッカー選手になったのは?」

「才能があったから!」

って答える人が多いような。





確かに「才能」は大切ですが、「才能」だけが全てではないはず!

「才能」に加えて努力を重ねて非凡に進化すると思う。

確かに運動能力や頭の良さなどはある意味「才能」かもしれませんが、「才能」だけで高いところまでは到達しない!





「才能」はもともと備わったものもあれば、後から備えられるものもある。

「才能」とは、非凡な人だけのものではないのではないだろうか?


先天性の「才能」と後天性の「才能」

「足が速い」、「サッカーがうまい」などというのはある種先天性の「才能」だと思う。

ある程度までは練習や努力で何とかなるものの、土台となる「才能」がないとトップに行き着くことはできないかもしれない。





しかしながら、「努力をする才能」や「絶対にあきらめない才能」というのは先天性ではなく、後天性のものだと思う。

どちらも「才能」だけど、後者は比較的多くの人が享受できる「才能」で、ハードルは幾分低い気がする。





マラソンを2時間程度で走る人もいれば5時間かかって完走する人もいる。

2時間では走れなくても5時間、10時間なら走れる。

そんなところだ。





私は5時間、10時間で走る方。

だから、今稼いでる人から5年、10年遅れてそこのレベルに達すればいい。

できればもっと早く稼ぎたいけど。


私は後天性の「才能」を磨く!

私には先天性の「才能」はない。

だから、後天性の「才能」を磨くしかない!





どんなにうまくいかなくても、どんなに収益が上がらなくても、ブログを止めずに続けていけば絶対にチャンスがある。





途中で止めないというのも一つの「才能」。

だから私は止めない「才能」を持ちたい!


収益

Posted by macbanban