<--! bodyにTHK Analytics-->

やっぱり庶民と感覚が違うんだよね。国民民主、国会議員に1,000万円支給

みなさんこんにちは、macbanbanです。

朝から腹ただしいニュースが入ってきましたね。

国民民主党が、所属議員に1,000万円ずつ支給したらしいです。

コロナ禍の中、多くの国民は10万円とマスクの支給だけで耐えているというのに、国民民主は議員全員に各1,000万円支給ですか?

だから、政権を取れないでしょう・・・



次期首相は菅氏!

安倍首相が辞任を表明し、来週くらいには安倍さん後任の新しい総理大臣が選出されそうです。

政局的には大きな変化だと言えると思いますが、私たち国民生活にどれだけ変化があるのかというと、大した変化はない気がします。

理由は、今回後任の首相を決める自民党総裁選挙は、菅氏、石破氏、岸田氏の3人が立候補。

しかしながら、総裁選挙が始まる前から勝敗が決した感じになって来ました。

5派閥が菅氏支持を決めたとされ、それで過半数を超えたとされてるからです。

菅氏は、“派閥に便宜を図るような閣僚人事をしない”と言って“脱派閥”を訴えていますが、“脱派閥”を強行すれば票を失う可能性がある。

だから、菅氏の“脱派閥”はあくまでもパフォーマンスで、首相になるために派閥に配慮した閣僚人事になるでしょう。

それ以外に石破氏・岸田氏が首相に慣れる可能性は極めて低いと思われます。

石破氏・岸田氏のどちらかが首相になるためには、自分たちがどう頑張るのかではなく、菅氏が派閥を軽視して派閥を怒らせる以外に道はなさそうです。

菅氏はアベノミクスを含め安倍政治を踏襲すると言っていますので、私たちの生活は特段変わることはないでしょう。



菅氏が首相になれば、野党にもチャンスがあるはずですが・・・

アベノミクスを推し進めた安倍総理は、基本国民には不人気だと思います。

しょぼいマスクと10万円だけを支給したコロナ対応にコロナ禍での国会閉幕。

森友・加計問題、桜を見るかいなどなど、お友達優遇政治に多くの国民は怒り、政権交代して欲しいという願望は強い。

ですが、多くの国民は諦めています。

なぜなら、野党がだらしないから。

国民民主は今回1,000万円を各国会議員に支給しました。

菅首相誕生後に解散総選挙があるかもしれないからだそうです。

今はコロナ禍で、不要・不急の外出を避けるべき状況です。

コロナ対策でお金が必要なこの時期に“解散総選挙”をするのは狂気の沙汰でしかない!

総務省の発表によれば、2014年の衆議院選挙では616億円程度選挙にお金がかかったらしい。

600億円です!

衆議院を解散して600億円ものお金を無理に使わせる必要があるのかといえばない!

多くの国民はその600億円を(まともな)コロナ対策に使って欲しいと思ってるはず。

しかし、これはあくまでも国民の考えだ。

政治家たちの考えは、いかに選挙に勝つかだけ。

国民がどれだけ困窮していようが関係ない。

国民には一人10万円配ればよく、自分たちは微々たる給与の削減だけで、ボーナスは満額の300万円超もらう人たちです。

悲しいかな、野党にもボーナス減額を唱える議員は見当たりませんでした。

そんな野党に誰が期待するんですかね?



国民民主も自分たちのことだけ考えてる政党!

このコロナ禍で仕事を失い、収入も断たれ厳しい生活をしている人は多い。

できれば政治で救ってもらいたいですが、限界があるのも事実。

ですが、少なくとも困窮している国民を救済する方策を考え、少しでも実現していくのが国会議員の仕事ではないでしょうか?

国民が困窮しているこの状況で、国民民主は各国会議員に1,000万円ずつ配るなんて、庶民感覚からズレてると思います。

こんな政党が政権を取っても、国民のための政治ができるかは甚だ疑問です。

まあ、政権を取ることはないでしょうけど。

むしろ、どれだけ議席を減らすかを見た方がいいのかもしれない。

国会議員にとって選挙は大切なことは分かります。

ですが、国民生活よりも大事なことですか?

選挙があるから1,000万円配るなんて、この状況下で褒められるものではないと思います。

もっと、国民の気持ちや痛みを感じられないものでしょうか?



今の野党は、野党のための野党!

国会議員は与党か野党に分かれます。

どんなに自民党が強くても全議席を獲得することはできないから、必然的に野党議員が存在する。

野党の役割は、与党の横暴や不正などを監視し、権力や政策が正しい方向に向かっているかを確認するものだと思いますが、現在の野党は、外からヤジを飛ばすだけの団体にしか見えません。

権力を監視はするが、正しく行使されてるかは気にしない。

ただ文句を言っておけばいいというように感じられます。

森本・加計問題を始め、安倍政権の問題は野党にも責任があります。

“何をしても野党に政権を取られるとはない!”と考えてるからです。

自民党も多くの国民もこのことに気づいてますが、肝心の本人たちが全く気づいていません。

ビックリするくらい気づいていない!

自分たちがだらしないから議席を減らし、自分たちが仕事をしてないから国民からの支持がないのに、自分たちは完璧に仕事をしてると勘違いしてる。

末恐ろしい限りです。

野党はとりあえず自分たちを見つめ直すべきです。

このコロナ禍で少しは時間があったでしょ?

今まだ国会は閉会してるんだから、今からでもしっかり見つめ直して欲しい。

そして、まずは国民の気持ちを理解すること。

各議員に1,000万円配るのではなく、そのお金を国民生活に使うべきです。

それが、一番選挙対策になりますよ!



野党のみなさん、まずはしっかり仕事をしてください!

国会議員は国民の代表ですが、決して偉いわけではない。

それなのに国のために仕事してるからとかで、給料は高いし特権もある。

何でだろう?

そういう特権階級意識、上流階級意識が国会議員をダメにしてる元凶ではないだろうか?

特に野党議員のね。

政権を取ることも大切かもしれないですが、まずは国民目線で国民のための政治をするのが国会議員の仕事。

高い給料もらってるんだから、政党助成金などをもらうことなく選挙して欲しいですよね、現職の国会議員は。

野党の意識が変われば自民党もあんなヒドイ政治はしません。

というより、できません。

安倍政権を止められなかった責任は大いに野党にある。

国民にも責任はありますが、野党がそんなんだから自民党に投票するしかなかったことを考えれば、大いに野党の責任です。

大阪の吉村知事の支持率はかなり高い。

それは、彼がしっかりと仕事をしてるからです。

野党もしっかりと仕事ができれば支持率は上がります。

野党のみなさん、まずはしっかり仕事をしませんか?

それが一番の選挙対策ですよ。



独り言

Posted by macbanban