<--! bodyにTHK Analytics-->

田澤ルール、誰のためのルールなのか?だから野球はサッカーに負けるのだ!





みなさんこんにちは、macbanbanです。

ちょっと前ですが、メジャーリーガーだった田澤純一氏が日本のルートインBCリーグの埼玉武蔵ヒートベアーズに入団することになりました。




田澤さんが日本からメジャーへ行ったとき、日本中が大騒ぎしました。

これまでは、日本のプロ野球に行ってからメジャーリーグに行くのが一般的で、それ以外の道はない感じでした。




しかし、田澤さんは社会人から直接メジャーに行くことにした。

予想もしてなかったこの決断に野球関係者には、大混乱!




9割以上の人たちが反対で、当時の報道は、大反対の大合唱だったように思います。

「何が何でも日本でプレーさせるんだ!」、「絶対にメジャーではプレーさせないぞ!」という強い意志を感じましたね。


その後、「田澤ルール」という"渡米するアマ選手がドラフト指名を拒否、もしくはNPB入り拒否の意思を示した上で海外球団と契約した際は、帰国後に高卒なら3年間、大卒と社会人選手なら2年間はNPB球団と契約できない" (スポーツ報知より)というルールができ、それが今でも続いている状況です。




そのため、田澤選手は日本のプロ野球(NPB)にすぐに復帰することができず、日本でプレーするとしたら「NPB以外しかない!」ということで、今回ルートインBCリーグの埼玉武蔵ヒートベアーズに入団することになりました。




自分が好きなところでプレーしたいだけ!

誰でもがある人なら、一番強いところで自分の実力を試したいと思うのは不思議なことではありません。

「自分の実力が通用するのか?」試したくなります!




日本人が日本でプレーするのはある種普通かもしれませんが、海外でプレーすることも別に不思議ではないと思います。




田澤さんはただ単に、好きなところでプレーしたかっただけだと思います。

高校、大学、社会人から直接メジャーへ行くという進路があってもいい!




高校生が日本の大学に行かず、海外の大学に行くこともあるわけですから。

基本的にはそれと一緒でしょ?




しかし、日本のプロ野球はそれを許さなかった!

職業選択、チーム選択の自由を認めようとしなかった!




こういうところは日本の恥ずべき部分で、日本が世界で戦えない大きな問題点です。

社会人から直接メジャーリーグへ行ってなぜ悪い?




NPBがその部分をきちんと説明せず、一方的に日本球界に復帰させない田澤ルールは、誠におかしなルールだ!

何とも悲しいし、恥ずかしいと個人的には思っている!




自ら「メジャーリーグよりも下です!」と宣言しているのと一緒!

メジャーリーグが野球の最高峰なら、メジャーリーグに行っても良くない?

しかも、NPBにまだ所属していない選手が、日本のドラフトに指名されてもNPBに入団する必要はないでしょ?




それに、入団を拒否されたのなら、その球団が貧乏なのか、魅力がないのかのどちらかでしょ?

ドラフトでいい選手に入団して欲しければ、高額な契約金と年俸を用意し、魅力ある球団にすればいい。




お金も魅力もない球団に無条件で入団する必要があるとは絶対に思えない!

自分たちでその努力を怠ったツケをどうして選手が払わないといけないのか?




日本の球団には行かず、メジャーでプレーすることが気に入らない気持ちは分かりますが、それを非難するなんてNPBは何てゲスな根性してるんでしょう!




独り言

Posted by macbanban