<--! bodyにTHK Analytics-->

Google Adsenseのads.txt問題解決!ただし、Googleのゴールドプロダクト エキスパートさん怒らせちゃったみたい!

2020年5月12日

みなさんこんにちは、macbanbanです。

最近も引き続き微妙なクリック収益が出ていますが、

まだその微妙さ加減は続いています。

1クリック1〜2円程度のものですので、

相変わらずま〜あ、ゆっくりでございます。

これにテコ入れをすべく色々と考えた結果、

やはりGoogle Adsenseさんに何とか頑張っていただこう!

(Google Adsenseさんじゃなくて、お前が頑張れよ!って話ですが)

ということになり、早速対策を考えることに。

ところが仕事がちょっと忙しくなり、

その対策会議が遅れていた中で

Google Adsenseにちょっとした変化が。

Google Adsenseに力を入れよう!

先月に何やら警告じみた表示があったことを思い出す。

いつからか分からないですが、結構ずっと前からあったかもしれない!

だからまずはこの問題を解決しようと、

警告内容を確認する。

どうやら、「ads.txt」というものに問題があったらしい。

ちょっと前でしたが解決できたので、忘れないように書いておきます!

「今すぐ修正」から進んで行くと、

説明があったので、それに沿って手順を踏んで行きました。

まず、「ads.txtガイド」というものがあったので、

それをクリックしました。

以下、ads.txtに関するガイド

広告枠の管理

ads.txt に関するガイド

次へ: ads.txt に関する問題のトラブルシューティング

ads.txt による認定デジタル販売者(Authorized Digital Sellers)の宣言は IAB Tech Lab によるイニシアチブで、コンテンツ内のデジタル広告枠が、そのコンテンツのパブリッシャー(ウェブサイトならばサイト運営者)が認定した販売者(AdSense など)を通してのみ販売されるようにするものです。サイト運営者様は ads.txt を独自に作成することで、自サイトの広告枠の販売者を厳密に管理し、偽の広告枠が広告主に提供されるのを防ぐことができます。

ads.txt は、使用することを強くおすすめします。ads.txt を使用すれば、購入者が偽の広告枠を判別できるため、サイト運営者様としても偽の広告枠に収益が流れるのを阻止し、その分収益を増やすことができるというメリットがあります。

AdSense で ads.txt に関する問題を修正する

サイトの ads.txt に問題がある場合は、AdSense アカウントに警告が表示されます。収益に深刻な影響が出る可能性もありますので、次の手順に沿って問題を解決してください。

: 変更が AdSense に反映されるまでに数日かかる場合があります。サイトの広告リクエストが多くない場合は、最長で 1 か月ほどかかることがあります。

サイト用の ads.txt ファイルを作成する

AdSense アカウントでパーソナライズされた ads.txt ファイルをご提供していますので、ダウンロードしてお使いください。パーソナライズされた ads.txt ファイルにはご自身のサイト運営者 ID が記載されています。ads.txt が検証を通過するためには、サイト運営者 ID が正しい形式で記載されている必要があります。

  1. AdSense アカウントにログインします。
  2. ホームページにアラートが表示されている場合は、[今すぐ修正] をクリックします。それ以外の場合は、[サイト] をクリックします。
  3. 下矢印 下矢印 をクリックして [… のサイトで使用する ads.txt ファイルを作成する] というメッセージを開きます。
  4. [ダウンロード] をクリックすると、ads.txt ファイルが自動でダウンロードされます。
  5. (任意)使用している広告ネットワークが他にもある場合は、ads.txt ファイルに追加してください。ads.txt に記載する内容については、ご利用の広告ネットワークにお問い合わせください。
  6. ads.txt ファイルをサイトのルート ディレクトリにアップロードします。サイトのルート ディレクトリとは、トップレベル ドメイン直下のディレクトリ(フォルダ)を指します(配置例: example.com/ads.txt)。

ファイルが正しく公開されているか確認するため、ウェブブラウザで ads.txt の URL(https://example.com/ads.txt)にアクセスしてみましょう。ウェブブラウザからファイルの内容を確認できれば、AdSense もそのファイルを正しく検出できるはずです。

サイト運営者 ID を ads.txt ファイルに追加する

ads.txt ファイルにご自身のサイト運営者 ID が記載されていない場合は、アカウントからコピーして貼り付けます。

  1. AdSense アカウントにログインします。
  2. ホームページにアラートが表示されている場合は、[今すぐ修正] をクリックします。それ以外の場合は、[サイト] をクリックします。
  3. 下矢印 下矢印 をクリックして [これらの ads.txt ファイルに、ご自身のサイト運営者 ID を追加します] というメッセージを開きます。
  4. [コピー] をクリックします。
  5. コピーされたテキストを、各 ads.txt ファイルに貼り付けます。

ads.txt ファイルは次のようになります(pub-0000000000000000 となっている箇所にはご自身のサイト運営者ID が入ります)。

google.com, pub-0000000000000000, DIRECT, f08c47fec0942fa0

: 検証を通過するためには、ads.txt ファイルが IAB Tech Lab 指定の正しい形式になっている必要があります。関連するサポート情報は ads.txt の仕様書をご覧ください。

ads.txtに関するガイド終了

「ads.txtガイド」の内容がさっぱり分からない!

「ads.txtガイド」の内容を読んでみると、超難しい(私にとっては)!

パソコン音痴のオジサンには下手な外国語以上のパンチがある!

私にはよく理解できませんでいたが、

要するに「サイト運営者のIDをads.txtファイルとやらに追加すればいいのね?」

という結論に行き着きました。

次に「じゃあ、どうやってサイト運営者のIDをads.txtファイル」とやらに追加するの?」ってことになり、

色々と調べるけど分からない。

「ads.txtガイド」へのリンクがあるページの下に

「ダウンロードページ」があったので、

とりあえず「ads.txtファイル」をダウンロード。

次はどこにこれをアップロードするのか?というところへ進む。

ところが、ここからが全く分からない。

「どこにアップロードするの?」

いつもなら、ヘッダーの<head>や<body>とかにコードを貼り付けたりすれば、

それで終わりだったりすることが多いので、

そんな感じかと思ってたんですが、

どうやらそうじゃないらしい。

『ダウンロードした「ads.txtファイル」をどこかにアップロードしないといけないこと』が分かってきました。

で、どこにアップロードすんの?

パソコン音痴くんはダメです。

自分なりに色々と調べてみましたが分からなかったので、

Googleに聞いてみました。

Googleに質問する!

Google Adsenseについて下記のような表示が出ましたので、

直接質問してみることにしました。

以下私の質問

クローラ: ページが見つかりません状況

表示されている問題により、クローラはこのページにアクセスできません。これらはポリシー違反ではありません。

対応策

AdSense クローラの動作について、十分に理解していただく必要があります。たとえば、AdSense クローラは URL 単位でインデックス登録を行っており、robots.txt ファイルで禁止されているページまたはディレクトリにアクセスすることはありません。また、Google クローラとは異なります。 

という表示が出ています。

解決方法を教えてください。

質問終了

Google Adsenseコミュニティーというところから1日で回答をくれるみたいで、

すぐに回答してくれました。

以下、Google Adsenseコミュニティーゴールドプロダクトエキスパートさんからの回答

こんにちは

ログインしなければ見えないページなどは、アドセンスのクローラがアクセスできないので、そのようなページがあるとそのような表示になるかも知れません。

回答終了

せっかく回答してもらったんですが、

これでは解決方法にはならないので、

解決方法を再度尋ねました。

ads.txt ファイルのアップロードに挑戦!

「ads.txtガイド」のサイト用の ads.txt ファイルを作成する

というところを読んで、「ここから修正すればいいのでは?」と思い挑戦してみましたが、

「サイトのルート ディレクトリ」というところが分からず立ち往生することに。

私のパソコン知識では、「サイトのルート ディレクトリ」ということが分からず、

Googleに再度聞いてみることに。

以下、私の質問!

下記の説明(ads.txtに関するガイド)じゃ分かんないから

もっと詳しく教えてください!

質問終了

Google Adsenseコミュニティーゴールドプロダクトエキスパートさんブチギレ!

翌日かな、ゴールドプロダクトエキスパートさんから回答が来たのですが、

何と、彼(彼女)を怒らせる事態に!

いけません。

  • ご自分で勉強する必要があります!
  • 皆さんそんなに暇ではありません!

と言っています!

彼(彼女)ブチギレです!

確かに質問がざっくりし過ぎてたし、

丸投げ感がありました。

ちょっと言葉遣いも悪かったかな?

でも、こんなに怒ってしまわれるとは。

「サイトのルート ディレクトリ」について質問すれば良かったですね。

もっと丁寧に。

とっても後悔。

こちらもあちらが暇で質問してる訳ではなかったけど、

そんなこと伝えてないから、もちろん相手には伝わりません。

Google Adsenseコミュニティーゴールドプロダクトエキスパートさんには多少の皮肉を込めつつ、

丁寧なお詫びのメールをして、「ご自分で勉強することに」。

といってもググるだけですが・・・・・

で、ついに見つけました。

ads.txtの問題解決方法!

下記がads.txtの問題解決方法です!

(エックスサーバーの場合ですが・・・・・)

ads.txt問題の解決方法

エックスサーバーの場合、まずはエックスサーバーのホームページからログインします。

ログインしたら、使っているサーバーのところへ行き

「ファイル管理」を選択します。

次に、ブログのフォルダをクリックします。

”public_html"を選択します。

次に、Google Adsenseでダウンロードした"ads.txtファイル”をアップロードします。

“ファイル選択”からダウンロードした"ads.txtファイル選択し、

「アップロード」ボタンからアップロードします。

”public_htmlファイル"の中にads.txtファイルが貼り付けられたら

アップロードは完了です!

自分のホームページアドレスに"/ads.txt"を書き足します。

下記のような表示が出れば、Google Adsense広告の「ads.txt」問題はクリアできるらしい!

みなさんも試してみてください!

多少の皮肉を込めたお詫びメールの返信が来る!

回答者は私と同じユーザーで、

仕事をしながら回答をしてるボランティアらしく、

私はそのボランティアさんをブチギレさせたらしい。

でもですよ、あんな言い方せんでも良くない?

いくらボランティアでも。

「自分で勉強せい!」(確かにそうですが)

「私たちも暇じゃないんですよ!」(確かにそうでしょうが)

機嫌が悪かっただけかな?

彼(彼女)はもうかれこれ8年このボランティアをしてるとのことでしたが、

私はベテランの彼(彼女)を超激怒させる質問をしたみたいです。」

そこまでブチギレるほどの質問じゃなかったと思うんですけど・・・・

(あくまでも主観的な感想です)

ただ、そのおかげで本気で調べることになり、

ads.txtの問題を解決することができました!

何が幸いするか分かりませんね。

でも、もうGoogleさんには質問しないようにしよう!

また怒らせちゃうといけないですから。

収益

Posted by macbanban