<--! bodyにTHK Analytics-->

カードご利用内容の確認のお願い 2/2/2021 5:41:41 PM(JCBカードの詐欺メール)

みなさんこんにちは、macbanbanです。

またまた来ましたJCBカードの詐欺メール。

責めてくるね、JCBカードの詐欺メール。

というか、懲りないね、JCBカードの詐欺メール。

といっても、本家のJCBカードが悪いわけではないですが・・・・・

アクセスアドレスが、本家のものを指定してきた!

前回はホームページアドレスが長過ぎで、いかにも怪しい感じでしたが、今回はそこをしっかり修正してきたようです。

今回アクセスさせようとするアドレスは、“https://my.jcb.co.jp/Login“でした。

本家JCBカードのホームページを見てみると、会員ログインページは、“https://my.jcb.co.jp/Login”みたい。

詐欺サイトと同じアドレスのようです。

これだけではなかなか詐欺メールか区別できませんね。



今回は少し考えてきたみたい

でもこのアドレスにアクセスさせて、個人情報とか取れるのかな?

差出人がJCBからっぽいアドレスを使用している!

これまでの詐欺メールは色々とツッコミどころ満載で、特に差出人はとてつもなく長〜〜〜いアドレスだたりしました。

今回はアドレスが本家のものを使用しているので、差出人のメールアドレスを見てみました。

使われてたメールアドレスは、

my.jcb.co.jp <support@my.jcb.co.jp>

でした。

お〜〜〜!

なかなかやるじゃない!

ちょっと本物っぽい気がする。

でも、@jcb.co.jpが本物のような気がするので、@my.jcb.co.jpはちょっと怪しいと感じますが。

本物のメールアドレスはどうなってるのかな?

興味があったので、このアドレスにメールしてみました。

“メールが送れませんでした!”というメールは来ていないので、メール自体は送れたみたい。

なかなか手強いぞ!

本文で怪しい表現を見つける!

指定されたアドレスが本物のJCBカードと同じでしたので、これだけでは詐欺メールか分かりません。

しかし、本文をよく読むと漢字の表記がおかしいし、やはり怪しい表現があります。

今回怪しいと感じたのは下記の表現です。

“あなたの口座が資金の安全のために凍結されたのですが、すぐにWEBサービスIDとパスワードを再登録して、制限を解除しなければなりません”

とにかく指定されたアドレスにアクセスさせてJCBカードの情報を取りたいのでしょうが、すぐにIDとパスワードを変更する必要ありますか?

通常なら、パスワードだけ変更すれば事足りますよね?

詐欺集団としては、パスワードだけ変更されても困るだろうから、ID・パスワードを知る上で入力させたいのだろうけど・・・

それにこんな回りくどい表現するかな?という感じです。

外国人がこの詐欺メールを考えたのかな?



最後の決め手は・・・・

このメールはこれまでと違って少し考えてきていますね!

もしかすると詐欺に引っかかってしまうかもしれません。

ですが、これは、詐欺メールだと思います!

なぜなら、送られてきたメールアドレスはクレジットカードでは使わないフリーアドレスですし、

何より、私はJCBカードを持っていません!

JCBカードを持っていないのですから、口座の凍結などが起こることはありません!

ですので、これは詐欺メールとなります!

しかし、JCBカードを持っている方は、この詐欺メールを信じてしまうかもしれません。

もし、このメールが送られてきて不安な方は、このサイトからアクセスするのではなく、明日JCBのカードデスクに電話しましょう!

カードの停止などは早くすることに越したことはありませんが、クレジットカードの不正利用は保険で補填されたりすると思われます。

ここで焦ってIDやパスワードを入力してカード情報を盗まれれば、二次被害・三次被害につながるかもしれません!

個人的には明日まで待ってカードデスクに確認を取った方がいいと思います。

指定されたサイトにアクセスしていないので、これが詐欺メールかの確認はしておりません。

私は詐欺メールだと思っているので、このサイトにはアクセスしません。

みなさんも自己責任でアクセスするか考えてください!

くれぐれも詐欺に遭わないように・・・・

収益

Posted by macbanban