試しにオーガニックの甜菜糖を輸入してみたら大変だった!

2021年10月19日

みなさんこんにちは、macbanbanです。

先日オーガニックの甜菜糖を輸入してみました。

といっても2.0kgくらいのサンプル輸入だったので、“特段問題ないだろう”と簡単に考えていました。

ところが、それが全然簡単じゃなくて驚きました。

税関で止められてしまい、手続をしてくださいと!

2.0kgくらいのサンプル輸入だから、見逃して欲しかった‥‥‥

ダメですけどね。

なので輸入手続をしなければならなくなり、普通の食品輸入と違って一手間加わって大変でした!

砂糖輸入の注意点をお知らせしますね。



いきなりの電話。“砂糖の調整金”って何?

砂糖業者から“もう送ったから”と連絡があってから1週間が経ち、そろそろかな?と思っていたら、配送業者から突然電話がかかってきました。

砂糖輸入にあたり手続が必要ということで手続をして欲しいとのこと。

通常の食品検査とかはそちらでやっていただけるものなんですが。。。

どんな手続かというと、“砂糖調整金”を支払って欲しいと言う。

今回輸入する砂糖は2.0kgで、価格は7,000円程度。

通常サンプル輸入や金額が1万円以下とかの場合特に問題ないことが多いのですが、お砂糖についてはそうではないらしい。

よくよく聞いてみると、1.0kg以上から規制の対象とのこと。

“砂糖調整金”って何?

まずはそれを調べることから始まりました。



砂糖及びでん粉の価格調整に関する法律って何?

砂糖を輸入するにあたり、“砂糖及びでん粉の価格調整に関する法律”というのに抵触するらしい。

“砂糖及びでん粉の価格調整に関する法律は、輸入に係る砂糖及びでん粉等の価格調整に関する措置、異性化糖及び輸入加糖調製品の砂糖との価格調整に関する措置、甘味資源作物及び国内産糖並びにでん粉原料用いも及び国内産いもでん粉についての交付金を交付する措置等を定めることにより、甘味資源作物及びでん粉原料用いもに係る農業所得の確保並びに国内産糖及び国内産いもでん粉の製造事業の経営の安定その他関連産業の健全な発展を通じて、国内産糖及び国内産いもでん粉の安定的な供給の確保を図り、もつて国民生活の安定に寄与することを目的とする。”

ことのようです。

“砂糖及びでん粉の価格調整に関する法律”を調べてみたのですが、まあ全然分からない。

要は、海外のお砂糖は安いので、輸入されたら日本との価格差を調整するために“砂糖税”のような形で徴収し、砂糖生産者へ補助金を出したりすることのようです。(間違ってたらゴメンなさい)

ということで、“砂糖税”を支払うべく手続をすることになりました。



“砂糖調整金”の手続!

“砂糖調整金(砂糖税)”の手続きは農畜産業振興機構ですることのようです。

早速電話をして砂糖を輸入する旨を伝えると、手続方法を教えてくれました。

1. 農林水産省への報告手続

2. 農畜産業振興機構(ALIC)に登録

3. 登録後インターネットにより申請

4. 申請受付後支払金額が確定

5. 砂糖調整金の支払

6. 支払確認後、承諾書発行

7. 承諾書を税関に提出

8. 輸入申告

9. . 輸入許可

10. 輸入許可書を農畜産業振興機構(ALIC)に提出

手続の方法を教えてもらっても、なかなか理解できませんでした。

実際やってみると、まだまだ必要なことがありました。



輸出入

Posted by macbanban